葬儀に関するニュース<篠山のお葬式屋さん徒然日記>

皆さんこんにちは

今日は最近やたらと多い葬儀に関するニュースについて書いてみたいと思います。

ネットニュースなんかを見ていると葬儀に関するニュースがとても多いのに気が付きます。ほとんどが葬儀費用が高すぎるなどの内容になるのですが読んでみるとちょっとため息が出てしまうようなものもかなり多いのが実情です。

確かに葬儀の費用はまだまだ高いところは多いと思いますのでその点は否定しません。

しかし、今日もいつも拝見している葬儀ブロガーさんがつぶやいておられましたが葬儀社から葬儀費用が130万といわれたけど交渉したら35万ぐらいになったといった内容をとりあげたニュースを見るともうちょっときちんと書いてほしいなとは思います。

100万以上の葬儀をおんなじ内容で交渉して35万にしたならいいんですけどほぼほぼ確実にそんなことはないと思います。もしそうならその葬儀社さんはやばいですね(笑)35万でいい葬儀を130万で見積もっていたならむちゃくちゃですし、130万の内容の葬儀を35万にしたなら赤字でしょうから

たいていの場合こういった記事にはどんな内容でいくらになったかが書いてないことが多いので誤解を招きやすいと思います。

さらに値切るという言葉が見出しに入っているのでさらに誤解を招きやすいです。

おそらくですが130万の葬儀は一般葬でしょうし35万の葬儀は小規模の家族葬になると思います。根本的に種類が違います。

祭壇の規模も違うでしょうし、参列者の数もかなり違うでしょうからそこに金額の差が出るのは当たり前のことと思います。

葬儀社のゆうがままに祭壇を無駄に大きくしないとか、棺のランクアップを無理やりさせないとか、無駄な飾りつけを頼まないとか、お骨箱を豪華なものにしないとかそういった点を気を付けることによって葬儀費用に無駄を生じさせないのはとても大事です。

ですがこういった記事をうのみにする人が出てきちゃうと単に135万の葬儀を値切れば35万になると思ってしまいそうです。

値切るというのはおんなじ商品を交渉して安くしてもらうのであって二つの違う商品の安いほうを買ったというのは値切るということにはならないと思うのですが…

最初300万円の高級車を勧められたけど用途や値段を考慮して結局100万円の軽自動車を買ったというのを

最初300万円の車だったけど買ったのは100万円だったって言ってるようなものです。

300万以上する高級車が100万で買えたならそりゃすごいですが新車でしたらまずありえないですよね。

軽自動車を買ったわけですから車の乗り心地や安全性、乗れる人数など高級車を買うのに比べたら全然違う部分はあるのが当たり前です。

葬儀でも130万の一般葬と35万円の家族葬では内容に大きな違いはあります、その中でご当家にとって一番良いものを選択するために情報を得て知っておくことが大事なことはいつもセミナーなどでお伝えしていますが、ニュースの中にはインパクトを重視して誤解を生みかねない表現がよくみられるのも事実です。

こんな内容で130万の葬儀とこんな内容で35万の葬儀で、うちは来る人数も少ないし大きな祭壇もいらないので45万のほうにしたっていうような内容も含めてをちゃんと伝えていただきたいものです。

でないと葬儀屋は35万でいいものを130万で請求してるんだという誤解を生みかねないからです。

何とかならないものでしょうかねえ

 

 

 

関連記事

  1. お葬式って何をする?<篠山のお葬式屋さん徒然日記>
  2. お位牌のこと<篠山のお葬式屋さん徒然日記>
  3. 霊柩車の話<篠山のお葬式屋さん徒然日記>
  4. 皆さんは葬儀の価格っていくらぐらいだと思っています?<篠山のお葬…
  5. 電通の社員個人事業主化って?<篠山のお葬式屋さん徒然日記>
  6. ご遺影写真Q&A<篠山のお葬式屋さん徒然日記>
  7. 本多カップ開催2≪篠山のお葬式屋さん徒然日記≫
  8. みんな大好き、秋の味覚!<篠山のお葬式屋さん徒然日記>

公式ブログ

本多セレモニーお問い合わせ窓口
〒669-2331兵庫県丹波篠山市二階町37-1
TEL:079-552-1234 / 携帯:090-2017-9853
 
PAGE TOP