トップページ > 葬儀マナーについて

全2件

  • 神式葬儀 『葬場祭』

    2008年12月03日 仏式のお葬儀にあたる儀式を、神式葬儀では、『葬場祭』といいます。神式葬儀が仏式といちばん異なるのは、「手水の儀」と、それに引き続いて執り行われる「玉串奉奠 ほうてん 〜 つつしんで供えること」で、仏式の焼香にあたるものと考えれば良いかと思います。斎主(神官)・副斎主・祭員・喪主・遺族・近親者の順番で行います。

    1.玉串を受けたら、案(玉串を置く台)の前に進み、玉串をおしいただきます。

    2.根本を手前にして、まっすぐに持ちます。次に時計回りに回転させて、向きを変えます。葉先を手前にして供えます。

    3.二礼

    4.二拍手(葬儀では音をたてないように)

    5.一礼

    *地域などの違いによっては、異なる作法の場合がありますので、当社の担当スタッフにお尋ねください。

  • キリスト教葬儀

    2008年12月02日 キリスト教の葬儀は、故人を神の手にゆだねる祈りと神を讃える祈り、そして遺族への慰めが中心となって行われます。

    献花
    仏教の焼香にあたるのが献花です。
    花は持参して頂いてもかまいませんが、多くの場合は、会場に準備しております。
    多くはカーネーションなどを用いております。
    根本を祭壇側に、花を手前にむけて献花台に供えます。