トップページ >お葬式Q&A

よくあるご質問

回答一覧

  • Q1. 香典帳の入力(データ入力)、整理をしていただけるのでしょうか。

    香典帳の入力や、その整理については、その内容から特定の個人を識別することができるため『重要な個人情報』であると理解しています。
    そのため当社では、個人情報保護に関する法令やその他の規範の遵守に基づき、適正な取扱いと管理体制をとることとしています。
    よって、ご当家からご依頼があり、かつ個人情報保護に対するご説明を行ったうえで、香典帳の整理をお請けしております。最近は個人情報の漏えい、情報の売買、PCの操作ミスなどの事件が多く発生しています。
    個人情報は、いったん誤った取扱いをされると、個人に取り返しのつかない被害を及ぼす恐れがあります。
    葬儀社によっては個人情報の取扱いが十分でない場合も考えられます。
    これらのことから、香典帳の取扱いには十分な注意が必要であると思います。

    一覧へ戻る

  • Q2. 『家族葬』って、どんなお葬式ですか?

    最近、『家族葬』をご希望されることも増えてきました。
    家族葬の定義は特にありませんが、一般のお葬式と大きく異なる点は、参列者についての考え方です。
    家族、親族だけで行ったり、故人とごく親しかった人だけに来ていただくという形式です。
    そのため、お葬式の規模は一般的に小さくなることが多いと思われます。
    式の流れは、基本的に一般のお葬式と大きく変わりません。
    仏式ならお通夜とお葬式があって、菩提寺さまにお経を読んでいただき、遺族や参列者が焼香をして、という流れになります。
    家族葬はそういったことから、故人と家族のお別れを最も大切にするお葬式と言えます。

    ただ、注意しなければならない点として、親しい人だけに来ていただくことから、葬儀の後で亡くなったことを知った人から、『知らせてくれなかった』、『最後のお別れをしたかった』などと言われ、気まずい思いをしたり、まだ一般的になじみがないことから、親戚が『家族だけでお葬式なんて……』と言う人がいたりしてトラブルになることも十分考えられます。
    このようなトラブルを避けるためには、逝去の知らせと事情(故人の遺志、遺族の事情などで家族葬で行うことや、参列をご遠慮いただくことなど)を、はっきり伝えるのが良いかと思います。家族葬の場合は、そうしたことを十分配慮し、また菩提寺にもご相談されることが、後々悔いの残らないお葬式につながると思います。

    今日、お葬式は古くからのしきたりに必ずしもこだわらなくなりましたが、そのしきたりには、実は深い意味があることも忘れてはならないと思います。

    一覧へ戻る